焼き鳥の歴史や焼き鳥店の探し方

東南アジアで家畜化された鶏は、
中国で改良が加えられ朝鮮半島から日本に伝えられたとされています。
しかし、日本の昔の著書には、
新石器時代に家畜用として渡来した動物であると記述されています。
鶏は、捕えやすく飼い馴らしやすい事でも昔から家畜として飼われてきました。
また、夜明け前に規則正しく鳴くので時計の代わりに用いられたとも言われています。
また、家畜だけでなく闘鶏としても娯楽用に鶏が飼われるようになったとされています。
弥生時代には、天皇によって肉を食う事を禁じられました。
しかし、江戸時代には神社の参道で焼鳥が売られていたとされています。
焼鳥屋のはじまりは、幕末頃と言われています。
明治時代の本には、焼き鳥の材料として鳥肉や牛、豚の臓物も使用されていたと記述されています。

 

焼き鳥は、最初立ちながら食べるスナックとして庶民たちによって広まっていったとされています。
また焼き鳥は、最初持ち帰るスタイルが主流でした。
現在では、焼き鳥を店内でお酒と楽しむお店が主流となっています。
また、居酒屋などのおつまみとしても、焼き鳥は人気の上位に入るおつまみとなっています。
それぞれの方で、好みの部位やたれ、塩などの好みも違いがあります。
種類が多いので、希少部位を探して焼き鳥店を巡るのも楽しいでしょう。
焼き鳥を探すには、ホームページや店の紹介サイトなどを利用します。
難波の鶏びあんのサイトを見ても、美味しそうな鳥料理の写真でいっぱいです。
各ウエブサイトには、焼き鳥や他の料理の写真、店内の画像がのっている事も多いです。
また、事前に焼き鳥の写真を確認する事で、
焼き鳥の使用部位などをチェックする事もできます。

焼き鳥に合うお酒や人気の部位について

焼き鳥を食べる方に、焼き鳥に最も合う飲み物を質問するとビールが最も多かったです。
続いて、焼酎、日本酒、ウイスキーが続きます。
また、たれや塩によってお酒を飲み分ける方も多いです。
たれの場合に飲む日本酒は、本醸造や純米がよく合うとされています。
また、塩の場合は純米吟醸が最適です。
また、生酒や生貯蔵酒、大吟醸酒なども塩の焼き鳥と相性がよいと言われています。
また最近では、ワインと焼き鳥を楽しむ方も増加しています。
ワインを選ぶ際には、焼き鳥の肉の色や調味料の色に合わせてワインを選ぶと良いとされています。
例えば、ササミなら白ワイン、レバーなら赤ワインを選びましょう。

 

焼き鳥をよく食べる方の人気部位は、鳥ももや砂肝、ぼんじり、せせりなどです。
また、塩派かタレ派かで好みが分かれますが、塩派が少し多くタレ派が少し少ないようです。
焼き鳥店を探す際には、焼き鳥店のホームページやグルメサイトなどを利用すると便利です。
各ウエブサイトには、焼き鳥や他の料理の写真、店内の画像がのっている事が多いです。
その為、店内の雰囲気を知る為にも画像があると参考になります。
また、焼き鳥の使用部位やたれ・塩などをチェックすると一緒に行く人の好みに合わせてお店を選ぶ事もできます。
さらに、焼き鳥店のホームページやグルメサイトなどは予約がそのままでき、
お得なクーポンなどが用意されている場合も多いです。
さまざまなお店を比較して、自分にぴったりな焼き鳥店を探していきましょう。
また、一緒に行くメンバーによっても選ぶ焼き鳥店を変更していきます。
 

更新履歴